ろうそく

新しい薬もある

うつ病治療に現在より効果的な薬の開発が進められています

人が日常生活を送るときには必ずしもすべての事柄において思い通りになる訳ではなく、心情的に納得をいかない事柄にも取り組む必要があります。そうした心的抑圧は大抵の場倍には各々の生活の忙しさに流されてしまうか、時にはストレス発散の手段を講じることで対処することが一般的です。しかし、何らかの原因でうつ病を発症してしまうケースがあります。 うつ病においては従来、うつ病に直結する神経伝達物質を標的にした抗うつ薬を使用することが中心でした。しかし、近年は従来の抗うつ薬で十分な効果の得られなかった症状に対して他の神経伝達物質を標的とした抗うつ薬の使用でうつ病改善に効果をあげているという報告があります。今後も様々な伝達物質や調整物質に対する薬剤の開発が予想されています。

使用量には十分に注意しましょう

人体の神秘と言う言葉が時々使用されるように、人体には最も身近な存在でありながら現代の科学でもまだまだ未知の領域です。人体には恒常性を保持することで生存活動を維持することができていますが、この恒常性が崩れた際の症状が数々の病気と言えます。 人は病気になったときには大抵、対抗する薬を使います。うつ病に関しても同様ですが使用するには注意も必要です。あらゆる病気に当てはまることですが、薬の効果には個人差がありますし、更に体質次第で副作用が強く表れる場合もあります。うつ病の治療においても抗うつ薬の使用は担当医師に相談・指示を受けながら適切な時期と分量を守って、副作用を抑制しながら効果的な治療を心掛けることが大切です。